自己破産 申請

自己破産

借金 自己破産

 

自己破産は裁判所に申請して認められると、すべての借金が帳消しになるというものです。
裁判所に「支払い不能状態」と判断された場合、借金返済が免除されるのです。

 

自己破産には同時廃止事件と管財事件とがあります。
これは、財産の有無などで分かれます。

 

同時廃止事件は、20万円以上の財産がないこと、免責不許可事由がないことで認められます。
管財事件は、20万円以上の財産があること、免責不許可事由がある場合になります。
※管財事件にならないこともあります。

 

自己破産をすると借金が無くなるので、債務整理としては1番良いような気がしますが誰でもできるわけではないのです。

 

そして、債務整理すると信用情報に名前が掲載されるため、その後7〜10年は新たな借り入れは出来ません。
3〜6カ月は、士業や警備員など就けない職業があります。

 

自己破産は家や20万円以上の価値のある車などは差し押さえられ、競売で売られてそのお金を債権者で分けることになります。

 

官報に名前や住所が記載されます。
それでも、返せない借金で将来が見えない方には、生まれ変わるほどの衝撃がありますので、弁護士に相談してみましょう。