自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があ

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

 

 

 

個人再生を行った段階で、現金になっていない売掛金がある場合、それは資産として扱われることになるでしょう。

 

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、個人再生で債務を整理した結果、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。ですが、たとえば売掛金が100万円あったら、5分の1は債務に上乗せされるため、合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

 

 

 

自己破産のプラスは免責になると借金の返済義務を負わなくなることです。
お金の返済方法に悩んだり、金策に走り回らないでよくなります。特に財産があまりない人にとっては、借金を返すために、手放すハメとなるものが少しなので、良いことが多いと感じます。
借金を繰り返してしまって任意整理をする場合、また新しく借り入れをしようとしたり、カードを作りたいと思っても、情報が信用機関に残るため、審査にクリアすることが出来ず、数年間はそういったことを行えないことになっているのです。
借金癖がある人には、すごく厳しい生活となるでしょう。

 

 

任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすることで、金利の引き下げや元金のみの返済ですむように頼むという公共機関である裁判所には関わらずに借金を減額する処置です。おおよその場合、弁護士や司法書士が債務者の代わりとして意見をかわし、月ごとに支払う金額を減らすことで、完済というゴールがみえてきます。

 

債務者と債権者の間で借金を整理すると連帯保証人を困らせてしまうという事実を知っていますか。

 

 

 

自分が支払わなくても済むという事は本人の代わりに連帯保証人が支払うという事になるのが現状です。ですから、それを十分胸に刻んで任意整理をしていくべきだと感じますね。自己破産をする時は、身の回りのものや生活を建て直すための少しの出費の他は、すべて譲り渡すことになります。
自宅、土地などの財産の他に、ローン返済中の車も譲り渡さなくてはなりません。しかし、他人が支払いを行い続ける事に、債権者が納得すればローン返済を行いながら所持することも可能になります。一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、その他の債務整理は、基本的にすべての債務を一度に整理します。法の手続きをとっていない任意整理では、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、債権者が和解交渉を拒否することも珍しくありません。

 

 

ご自身で任意整理を進めるより、専門家に代理人になってもらう方が安心ですが、ここで、債務の一部を隠すようなことはしないでください。
もし、きちんと言わないと、信頼してもらえず、債務整理が失敗することもあります。

 

実際に債務整理をする際にかかる費用は、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、必要な費用のイメージがつかめるでしょう。
もちろん、債務の状況によっては料金が変動することもありますが、あまりに特殊な事情でなければ、相場通りの料金で済ますことができるでしょう。依頼する弁護士事務所次第で、それぞれの対応や説明が違ってきますから、相性の良い弁護士事務所を見付けることも重要になります。

関連ページ

貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出
借金相談で返済額を減らしたい方へ
個人で債務整理を行う人は稀です。多くの人が弁護士など
借金相談で返済額を減らしたい方へ