貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出

貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出来ないという総量規制が存在しています。ところが、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。あとは、総量規制とは貸金業ではないことから無関係の銀行からの借入などが元で、いつしか年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合も多々あります。

 

そのような状況ですと返済するのも甘くないでしょうから、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。個人再生にはいくらかのデメリットが存在します。
一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士へ支払うお金が上回ったなんて事例もあります。また、この仕方は手続きが長期間になるため、減額となるまでにかなりの時間がかかることがたくさんあります。
借金を重ね、金額が膨らんでしまって任意整理をすることになった場合、また新たに借り入れをしたくなったり、カードを作りたいと思っても、信用機関にその情報が残るため、審査を通ることは出来ず、数年程度はそのようなことを行えないのです。借金をすることがクセになってしまっている方には、すごく厳しい生活となるでしょう。

 

 

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを上回る利率での貸付がありふれていました。
利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。今は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、不法ということになります。
よって、借金をグレーゾーン金利でしていた人なら、債務整理を行うと本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。
これを過払い金請求と言います。

 

債務整理を行うことを家族に秘密にできるかはどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。仮に任意整理をするなら全ての手続きを自分でどうにかしようとしなければほとんど家族にばれることはありません。

 

しかし、それが個人再生や自己破産となれば、世帯収入や資産を公開する手続きが入るので、ばれるのを覚悟した方がいいです。

 

 

勤め先についてはどうかと言うと、債務整理の方法によらず内密にできます。ローンの返済が困難になり、任意整理か、さもなければ個人再生といった手段をとる場合、当たり前かもしれませんが賃貸物件に居住している人なら、家賃の支払いも忘れてはいけません。自己破産以外は借金は残っていますから、あわせて毎月の支出となり、減らそうとしても急に減らせるものではありません。大事なことですから、債務整理を依頼する時点で担当する司法書士や弁護士に話しておくと良いでしょう。私は個人再生という助けを得たことで家のローンの支払いがとても軽くなりました。

 

 

これまでは、毎回支払うのが辛かったのですが、個人再生によって債務が軽くなったので返済にかかる金額が非常に少なくなり、伸び伸びと生活していけるようになりました。ためらわずに弁護士に相談してみてとっても良かったです。

 

債務について利息制限法に基づいて過払い金を計算しなおし、その時点での債務と相殺するのが特定調停の特徴です。ただし、負債と比較して過払い金のほうが多い場合は、すでに利息制限法に基づいて計算し合意に達していることから、返還は望めず、ただ債務がゼロ円になるだけの話です。

 

もし過払い金が戻ってくる可能性が高いというのであれば、こうした特定調停はやらずに、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

関連ページ

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があ
借金相談で返済額を減らしたい方へ
個人で債務整理を行う人は稀です。多くの人が弁護士など
借金相談で返済額を減らしたい方へ