出資法と利息制限法

出資法と利息制限法

借金 利息制限法

 

貸金業者がお金を貸す際の利息には、出資法で決められた金利と利息制限法で決められた金利の2種類がありました。

 

貸金業者は少しでも高い金利で貸し付けたいと思い、出資法の上限29.2%に近い金利で多くの人にお金を貸しました。
しかし利息制限法の上限金利は20%だったため、この2つの法律の金利の差をグレーゾーン金利として長年問題となっていました。

 

2010年、出資法の金利29.2%を20%に引き下げることで上限金利が統一され、グレーゾーン金利が事実上無くなった。
これにより、2010年より前に20%以上で貸し付けを行っていた貸金業者に返金要求がなされ、貸金業者が経営難に陥る結果になりました。中でも有名なのが武富士でした。
武富士の顧客は約200万人、過払い金の総額は2兆4000億円と言われています。

 

このように多くの貸金業者が過払い金請求を受けたことで社会問題となりました。

 

しかし、今でも過払い金の存在に気付かず返還請求を行っていない人もいらっしゃいます。
過払い金は最後の返済から10年経過すると時効を迎えて、戻ってこなくなりますので心当たりがある方は、弁護士にお問合せください。