個人再生 裁判所

個人再生

借金 個人再生

 

個人再生は裁判所に申請して、債権者に借金の減額を求めるものです。
借金の額を1/5〜1/10と大幅に減額することができます。

 

個人再生の特徴は、住宅ローンはそのまま払い続けることができることです。
家は守りたいけど、その他の借金を減額したい人にはありがたい制度です。

 

個人再生の手続きの中に、住宅ローン特則(正式名称は住宅資金貸付債権に関する特則)があり、これにより住宅ローンは引き続き支払うことができるのです。
しかし個人再生は申請すればだれでも利用できるというものではないのです。

 

個人再生が利用できる人は、まず借金の支払い不能のおそれがあるかどうかです。
そして住宅ローン以外の借金が5000万円以下であることです。
住宅ローンや減額した借金をきちんと返済できる安定した収入があるかどうかも重要です。