債務整理をしていても生命保険

債務整理をしていても生命保険を解約する必要がない場合があるでしょう。任意整理をしたとしても生命保険をやめなくても良いのです。

 

注意すべきなのは自己破産の時です。自己破産をする時には生命保険を解約するように裁判所によって命じられる時があります。

 

債務整理をした知り合いからその一部始終を教えてもらいました。

 

月々がずいぶん楽になったそうでとても良かったです。
私にも多数の借金がありましたが、もう全部完済済みなので、私とは無関係です。
債務整理には欠点もありますから、全て返しておいて良かったです。非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、どうあっても自分が弁護士事務所に入っていくところを目撃されたくない。ないし訪問できる時間の余裕がとてもないという場合、メールによる相談ができる事務所もたくさん存在します。

 

 

 

直接や電話で話すよりも時間をかけてやり取りすることにはなりますが、好きな時に人目にさらされることなく行えますので、楽な気持ちで相談できる一番の方法だと思います。住宅ローンの支払いやカーローンなどが完済できないまま債務者が自己破産を行うと、それらのローンは解約され、少しでも借金を返すために家はもちろん車も手放さなければなりません。

 

但し自己破産以外の個人再生や任意整理では、それらのローンは原則的に交渉対象外となりますので、返済は従来通り続ける必要があります。
そのかわり、売却して返済に充当する必要はないわけで、自己破産と混同しないよう注意してください。

 

 

個人再生をしても、認可されないケースがあるのです。

 

 

個人再生をする時には、返済計画案を出す必要がありますが、裁判所でこれが認められないと認めてもえらないのです。
当たり前ですが、認可されないと、個人再生は望めません。返済の約束を反故にして既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、債務整理は可能ですから、すぐに弁護士なり司法書士なりに相談しましょう。そこで一般的に行われるのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、手続きを開始すると訴訟を取り下げてもらえることもありますし、差し押さえの不安もなくなります。

 

 

それから減額の交渉をして和解成立となれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、その後は和解交渉の結果に沿って返済するのです。

 

 

 

親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、たとえ債権者が取立ててきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

 

ところが、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、支払いの一部または全部を放棄したとなると、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。これを拒む事は不可能ですが、債権者に談判をして分割払いにできなくはありません。

 

 

 

習慣のように借金をしてしまうタイプで、繰り返し債務整理をすることはできるのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。原則としては何度してもかまいません。

 

ただ、一回でも債務整理を経験していてまた債務整理を行いたいと言うと、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。ですから、いざとなれば債務整理といい加減に考えるのはいけません。

関連ページ

自己破産、個人再生、任意整理とい
借金相談で返済額を減らしたい方へ
手持ちの現金がなくても買い物ができる
借金相談で返済額を減らしたい方へ
返済をしながら弁護士費用を工面するのは大変なはずで
借金相談で返済額を減らしたい方へ
個人再生にいる費用というのは頼んだ弁護士や司法書士
借金相談で返済額を減らしたい方へ
成功報酬に充てるべく債務整理中に法
借金相談で返済額を減らしたい方へ
銀行で住宅ローンを申し込みしてみるとどうなるかと
借金相談で返済額を減らしたい方へ
債務整理を行う場合、弁護士事務所
借金相談で返済額を減らしたい方へ