任意整理と特定調停

借金 任意整理

 

任意整理は貸金業者との話し合いによって、元金や金利を減額してもらう話合いをすることです。

 

弁護士を通さないため、比較的簡単な手続きで家族や会社に知られることなく借金を減額できるかもしれません。
将来払うはずだった金利分を減額してもらえないか交渉するので、減額の効果は個人再生や自己破産に比べて小さいです。

 

そのため、比較的借金の金額の少ない人にオススメです。

 

長期間返済をしている方、特に2010年よりも前から返済を続けている方は、過払い金が発生しているかもしれませんので、ぜひお問合せください。

 

 

特定調停は借金の返済ができない債務者が裁判所に債務者と話し合いを申請し、調停委員を挟んで返済条件の軽減などを求めるものです。